高校から始めた運動習慣が私を維持してくれる。

私は高校生の時、すごく太っていてからかわれていました。なんとかして痩せたいなと思い、食事に気を使うようになりました。しかし、高校生から始めた規則正しい運動習慣が美容にもいいのです。その時はうまくいかず誘惑に負けておかしなどを食べてしまっていました。すると母から、一緒にジムにいこうよ、と誘われました。私はジムと聞いて、あまり行きたいとはなりませんでした。テレビやネットで見た限り、大変そうであまり自分には向いていないんじゃないかと感じていました。動くことの嫌いな私は、母に嫌だ。と伝えました。しかし母親は、ママだって続けていられるんだからきっとうまくいくよ!と言ってくれました。私は縄跳びすらうまくできないくらい運動が苦手で、学校の体育ではいつもビリでした。それを克服したいなとは前々から思っていたので、じゃあ一回いってみる。と言い、次の日に連れて言ってもらいました。ジムに入ると、色々な機械や、ダンベルなどがたくさんあり、体をすごく鍛えたすごい人たちがたくさんいて、正直帰りたいと思いました。そんな困っていた私を優しく迎えてくれたのがトレーナーさんでした。困っていた私に、大丈夫だよ。一緒にやってみよう。と笑顔で言ってくれました。私は嬉しかったのか、小さなダンベルを持って一生懸命動かしました。母親とトレーナーさんが笑ってこっちを見ていたので、恥ずかしげに、どうしたの?と聞くと、二人とも、思ったよりできるじゃん。と言ってくれました。すごく嬉しかったのを覚えています。それ以降、私は褒められるのが好きになり、自然と運動も好きになっていました。ジムにも毎週通い、体重は20キロ以上減りました。今行っているメニューは、まずジムに行ったら柔軟をして、その後腹筋と背筋を50×3セット行います。その後トレッドミルで30分走り続けます。その後はチェストプレス、レッグプレス、ラットプルダウンを30×3セット行っています。ジムに行く暇のない時には、家で腹筋、背筋、腕立てを50×3セット毎日行っています。

ゆるやかな糖質制限を選び、1日の糖質50gまでの摂取を目標に食事を考えています。朝食は少しだけご飯、昼食はコンビニならなるべく炭水化物のないもの(チーズや寒天ゼリー、ローソンなら糖質を減らしてあるブランパンのシリーズが多く揃っているのでお勧め)を購入して食べたり、モスバーガーなら、てりやきチキン等をパンではなくレタスで包んだ菜摘シリーズや、チキンナゲットを食べるようにしています。夕食は炭水化物0を徹底し、野菜と卵を中心にメニューを考え、肉と魚のおかずも用意しています。料理に使う料理酒や砂糖も糖質が低いものか0のものに変えたいと思っています。自分はあまり制限し過ぎると続かない性格と思っているので、おやつはローソンの糖質10g以下のものならOKにしています。くるみとココナッツのキャラメリゼが糖質5g程度、ちょうど1回で食べきって満足できるぐらいの量なので最近好んで食べています。どうしても甘いものが食べたい!という時は、ローソンのブランシリーズのスイーツシリーズ(あんぱんやパンケーキ等)は週に1回程度なら許しています。飲み物は、なるべくミネラルウォーター、時々お茶かコーヒーで、清涼飲料水はご法度にしています。
並行して、足つぼ刺激を行っています。ロフトで購入したカラフルなプラスチックの石がついた足つぼマットを使って、起床してすぐ(朝食前)、入浴後すぐ(夕食前)の時間帯に10分程度、素足で踏み踏みしていますが、最初は痛すぎて足を載せるのもやっとでした。今では、ツボの反射区も考慮しながら、代謝のよくなる腎臓系副腎系のツボ、胃腸系のツボを集中的に押しています。また、ストレスがたまると食欲に走りがちなので、ストレス解消になる脳に関するツボも積極的に押しています。足つぼ刺激は、ひととおり行ったら足裏に溜まっていて刺激によってはがれた老廃物を流すために白湯を500cc以上飲むのがいいとされており、ちょうど朝食夕食前に500cc飲むことになるので食欲も抑えられて一石二鳥になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です